SPX ZERO EXTRA EDITION

限定!

品番
品  名
希望小売価格
(税別)
LR80705E
SPX ZERO EXTRA EDITION
\8,800

イコールコンディションでの純粋なストック・レース向けの「ブースト0」モード搭載!
昨今のストックレーシングに関して、最新のESCはブースト機能が加わり極度な高速化がおこり、本来のストックレースからかけ離れた次元まで成長してしまいました。LRPは、純粋なストックレーシングを楽しむためにブースト0を搭載した最新のブラシレスシステムと簡潔な設定を提供します。
ブースト0は、同じパワー、同じパフォーマンスでモーターの能力を最大限に引き出します。

●センサードブラシレス専用
●前進/ブレーキ設計
●ブースト0モード搭載
●純粋なストック・レース向仕様
●内部温度チェックシステム
●オートセルシステム
●2.6mm2 パワーワイヤー
●マルチプロテクションシステム3

■スペック
競技用ブラシレスモーター設計 YES
前進/ブレーキ YES
底面サイズ 33.1×37.6×14.9mm
重量(ワイヤー含まず) 24.5g
入力電圧 4.8〜7.4V
標準電圧降下@20A 0.026V/phase
定格電流* 200A/phase
両立ワインディングスタイル スター
7.4V時のモーターリミット 7.5Tまで
B.E.C. 6.0V/3.0A
高周波 YES
センサード ブラシレス システム YES
マルチ プロテクション システム YES
内部温度チェックシステム YES
ブースト0モード YES
パワーワイヤー 2.6mm2
4つの調整モード(ACS、パワープロフィール、
イニシャル&オートブレーキ)
YES
*摂氏25℃接合温度でのトランジスタ値。 スペックは事前の連絡なしに変更する場合がございます。
**6セル/7.2Vの数値です。

■オートセルシステム
設定0
設定1
リポ/NiMH オート
カットオフなし

■パワープロフィール
このモードは、ブラシレスモーターでの純粋なストックレースのための【ブースト0】を設定できます。ブースト0が選択されている場合は、セットLEDが赤く点滅して知らせます。(スロットルがニュートラル位置の場合)
更なるパワープロフィールを必要とする場合は、好みで調整が可能です。オンロードあるいはオフロードにかかわらず、グリップの低い路面からハイグリップ路面まで対応します。設定1から右側にすればするほど、モーターはアグレッシブに反応します。
設定0
設定1
設定2
設定3
設定4
設定5
ブースト0
設定を高くするほどマイルドパワープロフィールがあがります。
(設定1が最小/設定5が最大)

■イニシャルブレーキ 実際のブレーキ時の調整をすることができます。
設定0
設定1
設定2
設定3
設定4
設定5
オフ
設定を高くするほどイニシャルブレーキが強くなります。
(設定1が最小/設定5が最大)

■ニュートラルブレーキ ニュートラル時のブレーキ調整をすることができます。
設定0
設定1
設定2
設定3
設定4
設定5
オフ
設定を高くするほどニュートラルブレーキが強くなります。
(設定1が最小/設定5が最大)

■特徴
■パワープロフィール
SPXzeroは、ハイパワーなストックスピードコントロール向けの設計はされていません、イコールコンディションでの純粋なストックレース向けのスピードコントローラーです。
しかしながら、レースクラスや選択するモーター、またはドライバーの選択するレースシーンは多目的です。ソフトウェアが計算するスタート、加速、全速力のステータスなど、ソフトウェアは最適なモーター管理を計算します。より高いプロフィールは全体的なパワー、およびアグレッシブなモーターレスポンスを発揮します。
スフィアコンペテションスピードコントローラーでも証明されたように、設定1〜3は、マイルドモデファイドモータ用に。設定4と5はマイルドストックモーター向けのパワープロフィールです。
このパワープロフィールは、以下のように対比しております。
SPX zero
スフィアコンペティション
 
設定0
---
ブースト 0  純粋なストックレース用プロフィール
設定1
設定1
マイルドモデファイドモーター向け オフロード&オンロード
設定2
設定2
マイルドモデファイドモーター向け オフロード&オンロード
設定3
設定3
マイルドモデファイドモーター向け オフロード&オンロード
設定4
設定6
ストックプロフィール(第1ジェネレーションスタイル)
設定5
設定8
ストックプロフィール(第1ジェネレーションスタイル)
純粋なストック・レーシングの為にブースト0が設定されている場合、ニュートラルポジションでLEDを赤点滅で表示し簡単に見分けることができます。

■オートセルシステム
LRPのオートセルシステムは、LiPo/NiMHバッテリーを過放電からまもり安全に使用することができます。カット電圧に達してシャットダウンした場合、モーター機能が停止してLEDが表示します。

■スピードコントローラー内部温度チェックシステム
このシステムはLRP独自の画期的な機能です。
(ヒートプロテクトが作動した際はSETの赤LEDが5回点滅します。)
走行中に記録したアンプ内部の温度をチェックすることができます。

■ブレーキ
超リニア感覚で、より完璧な調整を可能とする為の最も強力なイニシャルブレーキと6段階のニュートラルブレーキ設定。

■送信機を使用せずにモード設定が変更可能
受信機からコードをはずし、モード設定を変えることが可能です。

■ワークス・デフォルト設定
送信機のスイッチをONにして、スピードコントローラーのSETボタンをおしながら電源スイッチをONにします。

■ピュア ブラシレス 前進/ ブレーキデザイン
最もハイレベルなレースにおいて一切の妥協許さない特別なパフォーマンスを見せ続けることがSPX zero の目標です。そのためにLRP技術チームが開発したのが、このピュア ブラシレス 前進/ ブレーキシステムです。ブラシモーターに関する機能は一切無く、リバースもありません。

■パワーキャパシター
パワーキャパシターはモーターのパンチ力やプロテクション機能に重要なパーツです。

■マルチ保護システム(3種の保護)
マルチ保護システムはモーターのショート、過負荷、オーバーヒートなどを防ぐ防御システムです。
アンプに過負荷がかかった場合、ステアリング機能が起動したまま、モーターの電源が切れ SET LEDが点滅します。