アルティモ ドリフト タイプ1 ブラシレスモーター

ドリフトは誰でも楽しめる!
LRPアルティモドリフトタイプ1ブラシレスモーターはドリフトの為に開発されたパフォーマンスとパワーに優れたロープライスモーターです。このモーターはドリフトを楽しまれている、初心者、中級者の方に最適です。

■ハンドワインド
■ダブルボールベアリング
■XTEC K3 スポーツモデファイド
  モーター缶
■はんだ付けが容易なソルダータブ
■ワイヤー接続済み
■センサーテクノロジー
■標準的な540サイズのモーター
  と同サイズ、同重量
■センサー式、センサーレス両方の
  スピードコントローラーで使用可能

RPM(7.2V時)
31,680
KV値
4400
パワー(7.2V時)
190W
効率(7.2V時)
87%

おすすめスピードコントロラーはこちら

■ギアレシオ
ドリフトに使用する場合、車重やスロットルワークによって負荷のかかり方に大きな差がでますので推奨のギア比はありませんが1/10ツーリングのギア比(7.0:1)から開始してモーターの外缶温度が60度を越えないよう走行時間やクーリングで調整を行ってください。

■ギア比の計算方法
スパーギア歯数÷ピニオンギア歯数×2次減速比=●:1
(2次減速比はキット取説を参照。または、メーカーに確認してください。)

■メンテナンス
アルティモ タイプ1 ブラシレスモーターはメンテナンスフリーを実現するために、普段使用している際はモーターの中身を開ける必要はありません。 モーターを使用した後は、ボールベアリングにオイルを差すなどのメンテナンスをお勧めします。
フロントベアリングは、外側から簡単にオイルを差すことができます。
数滴のオイルをフロントベアリングに垂らし、手でモーターを何回かまわし、オイルがベアリングまで行き渡れば終了です。リアベアリングにオイルを差す場合、エンドカバーを外してください。 モーター裏面にある六角ネジ3つを緩めてください。次にエンドカバーを外すと、リアボールベアリングが見えます。
フロントベアリング同様オイルをベアリングに数滴垂らし、ベアリングにオイルが行き渡るまでモーターを手で回します。この後、エンドカバーを3本の六角ネジで固定します。

品番
品  名
希望小売価格
(税別)
LR50483
アルティモ ドリフト タイプ1 ブラシレスモーター
\7,900